www.blackmagnoliaclub.com

クルマを持っている方ならば承知していると思いますが自動車税が徴収されます。そしてこれは車売却の際に一般的に還ってくるお金なのです。こうしたことは実際に実行してみたらすぐ覚えられますがそれでは一つずつ順に簡単に案内しましょう。ちなみに説明をしておけば、国内のメーカーのクルマのみが対象ではなくアメ車も税が還ってくる範囲になってきます。当然所有車なども当てはまります。自動車税というのはクルマを所有している人が支払い義務を負うもので税額はクルマの排気量の大きさによって決定されます。1リッター以下のであれば29500円で、1リッターから1.5リッター以下までが34500円になります。これ以上は500cc刻みで5000円増加します。この税金は4月1日の時点の所有者が、年度内の金額を納めることになります。ということは前払いになるということですから勿論ですが自動車を買取してもらって所有権を手放した時はその分のお金は還ってくるんです。税というのは前払いで年度内の全額を納めますので、一年以内にクルマを売却した際は買い取った保有者が税金を支払わなければいけないということになります。買い取った相手が中古車買い取り専門店の場合は売却した際に支払いすぎた金額を返金してもらえます。つまり所有権が移転された瞬間以降の税金は、新しい所有権を持った人が納付義務を負います。もし自分が10月の間にクルマを売った際は、11月以降翌年3月いっぱいまでの払ったお金は還付されます。というのは繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているということからもわかります。要はあなたは買取先に払いすぎた税金を返金してもらうということなのです。業者を介さずに自動車を引き取ってもらうときに、結構このような事実に気付かない方がよくいるため、確認するようにしましょう。自動車税がクルマを売った際に還ってくるという事実を意外と知っている人がいない事をいいことに、その状況を説明しない買取業者もあります。自分から自動車税の返金についての話題を出さなければ、全然そのことに関して触れないというケースも聞かれます。そのため愛車の買い取りを依頼する際には、税金が戻ってくることの確認をおろそかにしないようにしてください。

Link

Copyright © 1996 www.blackmagnoliaclub.com All Rights Reserved.